あれから2週間が経ちました

SUNが亡くなって2週間が経ちました。

仕事が忙しく気持ちが沈む暇もなかったのは幸いでした。

ですが、ふと立ち止まると何気ない日常だったあの頃を思い出します。

ショックからはなかなか抜け出せませんね。

 

そんな中、生前のSUNを知る方達から社鳥SUNを偲んでお花を頂いたり

私を心配して訪問してもらったりしました。

 

市原市の同業者ジャミンズさんからはお花を頂きました。

 

ZUKOUSHITUさんには看板のメンテナンスをして頂きました。

以前にSUNと遊んで頂いたのも良い思い出です。

 

SUNの入院時にいろいろ相談に乗ってもらった鳥友のひめかぽさんと

みきさんにはSUNへのお花と

 

文鳥の可愛いアクセサリー

 

そして私には食べたかったブンチョウラーメンを頂きました。

先日掛川花鳥園で開催されたことり万博のお土産です♪

この他友人知人の方からもお悔やみのお言葉を頂きました。

みなさんお気遣いありがとうございます。

 

ほとんどの方がSUNと出会う数か月前には出会っていなかった方々です。

SUNと一緒に育ててきたぶんちょう不動産は今は決して独りぼっちではありません。

悲しい出来事ではありましたがそれがわかったのは嬉しい事です。

 

これからもSUNとの思い出を胸に頑張っていきます。

 

 

寒い日が続くと文鳥が恋しくなる

ぶんちょう不動産HPはこちら
http://wakiz.co.jp/

 

 

 

社鳥SUNからぶんちょう“不動”SUNへ

昨日、社鳥SUNとの最後の出社でした。

会社であった社鳥とのやり取りなどを思い出しながら穏やかに過ごす事が出来ました。

そして今朝、かつての愛鳥達の眠る地へ埋葬しお別れをしました。

でも、ひとり事務所にいるのは寂しいので撮り溜めた画像の中からとびっきりの写真をプリントし事務所に飾りました。


ひとつは席の後ろにあるいつも社鳥がごぞごそしていた場所に。

パッと見、本物かと(笑)

 

そしてもう1枚は接客テーブル脇の壁に飾りました。

素敵な笑顔の社鳥SUNがお客様を出迎えます。

 

ここでひとまずSUNの社鳥職は解任と致します。

そして名実ともにぶんちょう”不動”SUNとして会社を見守ってもらおうと思います。

※しばらくは社鳥職は空位としSUNの名誉職についても検討しておきます。

 

SUNの居場所は変わらずここにあります。

それをなくさぬようこれからも一生懸命頑張ります!

 

決意も新たに前へ進め

ぶんちょう不動産HPはこちら
http://wakiz.co.jp/

 

 

 

 

社鳥SUNは虹の橋をわたりました

社鳥SUN、本日永眠しました。

2歳3か月とあまりにも短い一生でした。

 

今朝10時半、面会に行きました。

昨日の状態を見て朝を迎えるのは難しいかもしれない。

そう覚悟もしていました、というかそのつもりでした。

ですが、ほとんどエサも食べられない状況で何とか踏ん張ってくれていました。

もう元気な頃の面影は微塵もありません。

ですが、生きてくれていたんです!

そしてこの面会の時点で回復への見込みはない事を告げられ家に連れて帰る事に決めました。ですが午後から外回りの仕事が入っていたため寒い中連れ回すのも不憫に思い夕方まで病院で看てもらう事に。

別れ際、社鳥に触れる事を許してもらい数日ぶりに手に抱くことが出来ました。

手に乗せる直前小さな声で「ピピッ?」と、ひと鳴きし大人しく撫でさせてくれました。

1分にも満たない短い時間がこれほど愛おしいとは。

 

この調子なら夕方まで待っていてくれるかな?

そう安易に考えながら社鳥と別れ、仕事の準備に事務所へ向かいました。

病院を出て数十分後、主治医より社鳥の容体が急変し心停止したとの連絡が。

その時初めて、社鳥は夕方どころか私に会うため一生懸命に頑張っていたんだと気が付きました。

その健気さに運転中にもかかわらず涙が溢れました。

 

仕事を終え、社鳥を迎えに病院へ。

対面した社鳥は体を綺麗に拭いてもらい棺代わりの箱の中で安らかに眠っていました。

社鳥には事務所に保管してあった雛時代のフゴ巣に入ってもらい自宅へ。

帰り際ふと、社鳥が新年になってから会社に行ってない事を思い出しました。

明日は一緒に会社に出勤し、それから歴代文鳥達が眠る場所へ埋葬しようと思います。

 

SUNは本当に良く出来た手乗り文鳥でした。

そしてそれ以上にぶんちょう不動産の社鳥としてその使命を全うしてくれました。

彼女が一緒にいてくれた事で開業間もない不安定な時期を楽しみながら過ごすことが出来ました。

もう社鳥SUNと過ごす日常はありませんがたくさんの幸せだった日々を胸にこれからも頑張っていきたいと思います。

 

これまでぶんちょう不動産 社鳥SUNを応援して頂いたたくさんの方々にあらためて百万の感謝とお礼申し上げます。

そしてこれからもぶんちょう不動産をよろしくお願いします!

 

 

ぶんちょう不動産ある限り社鳥SUNは不滅です!

ぶんちょう不動産HPはこちら
http://wakiz.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

社鳥入院3日目

本日、通勤途中に動物病院からすぐに来るようにとの連絡が入り急遽面会へ。

昨晩食べたエサを吐き戻し、尿しか排泄されていない。チアノーゼの様相もあり昨日より明らかに弱っていました。それでも私の顔を見るとプラケースの端に寄って来て手を出すと必死に乗ろうとジャンプを試みます。

その姿に涙腺が緩み前が見えません。

※社鳥の口回りが汚れたままなのは体力温存のため極力体に触らないためとの事

本来治療中の子をむやみに触る事は出来ないところを先生に懇願し撫でさせてもらいました。ここで自宅へ連れ帰る事も考えたのですが社鳥の生命力と状況好転への望みを託し入院継続を選択しました。
そして仕事を済ませて夕方も面会に。
残念ながら状況は好転しておらず厳しい状況は続いています。

それでも自力で餌を食べようとする社鳥の姿に私もめげてはいられません

頑張れ社鳥!!

 

 

心はいつも社鳥とともに

ぶんちょう不動産HPはこちら
http://wakiz.co.jp/

 

 

社鳥入院しました

新しい年を迎えて早々、社鳥が入院しました・・・

今季4個目の卵を産んだ19日以降、調子を落とし気味でした。

昨日病院へ連れていき診察の結果、ボレー粉の食べ過ぎと

それらが本来あるべきでないところで滞留していることが原因で

うまく消化吸収できないのではとの見解。

また年明け辺りから腹部にしこりがあるのに気づきそれも診てもらいました。

発情により発症するヘルニアの疑いが強いとの事。

容体重度としては5段階のうち4以上との判断で予断は許さない状況。

まずはボレー粉を自然排出させ消化を正常に戻すことを優先に治療を行いたいとの事で、治療に専念してもらうため即日入院手配しました。

 

発情期を迎えてからカルシウム補給にと主食ペレットに朝晩カルシウム剤をふりかけていました。ボレー粉はおやつで入れていた皮付き種餌や主食に混ぜていた乾燥野菜にボレー粉が入っていましたが特に気にしていませんでした。ですが産卵翌日にちょっとおかしいなと思い、手から餌を与えてみると妙にボレー粉だけ好んで食べていたのです。「卵産んだからカルシウムが欲しいのかな?」と考え特に止めることはしなかったのですがまさかそれが原因だったとは・・・

 

そして本日、仕事を早めに切り上げて面会に行ってきました。

元気な時の社鳥は見る影もありませんでしたが自力で餌も食べ、糞もちゃんと出ているとの事。しかしながらボレー粉の排泄はなかったようです。

 

この時期、社鳥に限らず多くの文鳥さんが発情期を迎えています。

ボレー粉の過剰摂取も命の危険があることをあらためて認識して頂ければと思います。もちろん発情させないことが一番の予防ですが・・・

 

引き続き安心できない状況ですが社鳥も頑張っていますので進展ありましたらまた報告します。

 

社鳥が不在でも仕事は頑張ります!

ぶんちょう不動産HPはこちら
http://wakiz.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆく年くる年

 

令和元年となった2019年もいよいよ終わりが近づいてきました。

そこでぶんちょう不動産の2019年の主な出来事をまとめてみました。

 

・お正月社鳥からの落とし玉(初産卵)

・仕事始め初日インフルエンザ発症(1週間臨時休業)

・ぶんちょう不動産初の物件仕入れに挑戦(全2物件ご成約頂きました)

・提携会社エンライトさんよりアジアン家具購入(殺風景だった大広間がおしゃれ空間に)

・ZUKOUSHITUさん製作による玄関前自社看板設置(素敵な木製看板)

・台風15号19号来襲(自宅停電断水で2度にわたる会社避難生活)

・社鳥就任2周年

・会社店舗1階テナント入居決定(業務提携会社として新たな展開も検討中)

 

度重なる台風にはうんざりしましたがぶんちょう不動産としてはまずまずの1年だったと考えます。

来年にはさらに飛躍できるよう社員一同頑張っていきたいと思います。

どうぞみなさんも良いお年をお迎えください♪

 

 

2020年が待っている

ぶんちょう不動産HPはこちら
http://wakiz.co.jp/

 

 

 

 

 

 

祝 社鳥就任2周年!

本日、ぶんちょう不動産社鳥就任2周年を迎えました!


 

すっかり大人の文鳥さんになった社鳥SUN(サン)からは、新年早々お年玉ならぬ落とし卵をもらい冷や汗をかきました。9月10月には台風による自宅停電・断水のため会社での避難生活も経験してもらいました。普段から車移動や会社出勤をしているためそれほどストレスなく過ごしてもらったとは思いますが通常の文鳥さんなら結構大変な事だったかもしれません。

3周年を無事迎えられるようこれから1年頑張りますので応援よろしくお願いします♪

 

ぶんちょう不動産HPはこちら
https://wakiz.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

2019文鳥の日

9,10月は台風15,19号のため慌ただしく過ぎていきました。

弊社建物も少なからず被害を受けました。

自宅は幸いにも被害はありませんでしたが直後からの停電と

それに伴う断水により不自由な生活を強いられました。

そのため比較的復旧の早かった会社で社鳥以下2羽の社員と共に

10日程の避難生活を送ったのでした。

復旧後帰宅したものの台風19号により自宅がまた停電断水し

再度1週間会社で過ごしました。

 

みなさんにご心配頂きましたが会社には生活できるスペースと

設備もあるので特に不自由もなく過ごせました。

もちろん社鳥達も一緒だったので♪


 

そして本日10月24日は「文鳥の日」です。

『手に幸せ』”て(10)に(2)しあわせ(4)”の語呂合わせと、

この時期文鳥の雛が市場に出回るシーズンからとの事です。

社鳥も2年前の今頃は親鳥から一生懸命ご飯をもらっていた事でしょう。

来年も一緒に文鳥の日を迎えられるよう頑張りますね!

 

 

 

ぶんちょう不動産HPはこちら
https://wakiz.co.jp/

 

 

 

 

 

2019夏の思い出

今年は梅雨の時期が長く、気づいたら8月⁉であっという間の『夏』という感じでした。

それに加え昨年暮れに106歳で他界した祖母の新盆で夏季休業中は準備や弔問客への対応に追われていました。

と言っても両親の手伝いで動いただけなのですが・・汗)

 

というわけで大きな話題はありませんがこの夏に撮った写真を載せておきますね。

父が畑で育てたナスと生姜を肴に懸賞で当たったビールグラスで一杯♪

近所の川で獲ったアユの塩焼き

 

自宅近くの夏の空

 

庭を見ながら社鳥と戯れる

 

盛大な水浴びをした社鳥と甘くない梨を食べてしょっぱい顔のファル部鳥

 

 

唯一のお出掛け、毎年この時期恒例のダイニングバーNOJIさん訪問で美味しい料理を食べてきました。

ダイニングバーノジのHPはこちら

https://bar-noji.jimdo.com/

 

 

さて今年も残り4カ月、良い年が迎えられるように頑張ってお仕事しましょう!

 

ぶんちょう不動産HPはこちら
https://wakiz.co.jp/

 

 

 

 

 

 

松平忠固セミナーに行ってきました

昨日は知り合いの方が主催の松平忠固東京セミナーへ参加してきました。

歴史について詳しくない私がなぜ参加したかというと・・・


松平忠固って誰?

なぜ主催者の方はここまで熱心に研究されるのか?

 

という興味からでした。

 

 

 

セミナーへは20名程が参加されそのほとんどが歴史を研究されている方々。

場違い感は拭えません(汗)

 

セミナーが始まりまずはじめに覚えたのが名前の読み方

「まつだいら た・だ・か・た」

 

そして江戸時代後期に老中として生糸貿易や諸外国との条約など

開国に向けての足掛かりに大きく関わった人物である事が見えてきました。

 

ではなぜそこまで大きな功績を残した人物の名前が表に出て来ていないのでしょうか?

それこそが主催者の方が研究されるポイントのようです。

 

本格的なサイトもあるんです!

幕末老中 上田藩主 平忠固史はこちら

https://www.matsudairatadakata.com/

 

 

私が今回のセミナーで分かった事。

いつの時代もそうですが大人の事情も多分にあるようです。

見る角度が違えば評価は大きく変わるもの。

だからこそ与えられた情報を鵜呑みにするのではなく

自分の目や耳で知る事が大事なんだと痛感しました。

 

セミナー後にはオシャレなワインのお店で2次会でした。

本当はコレが目的?(笑)

 

 

※いつか私も「社鳥(文鳥)はなぜこんなにかわいいのか?」について

熱く語れる場所が作れたらなと思っています。

まずは文鳥好きな方達を集めてオフ会から始めてみますか!

 

 

ぶんちょう不動産HPはこちら
https://wakiz.co.jp/